ワールドカップで優勝した時に私はブラジルにいました。

ブラジルにある歴史的街並みが広がる州 ちょうどサッカーのワールドカップで優勝した時に私はブラジルにいました。その時の事を今でも忘れる事ができません。今回のブラジル大会では私の住んでいた街のスタジアムで戦って、歴史的大敗を喫しましたので本当に心が痛みました。あの当時優勝の喜びを味わっただけに、その悲しみはいかばかりだったかと。でも事情が今と当時とは違います。アメリカ大会が行われた94年の6月はまだハイパーインフレがちょうど終わった直後でした。レアルに変わってからピタッとこれまでのハイパーインフレが収まりましたが、以前人々の生活は簡単ではありませんでした。本当にサッカーだけが楽しみであり、誇りだったのです。

ですが、今ブラジルは国家が始まって以来のバブルを謳歌しています。何というか昔のハングリーさをなくしてしまったからあのような大敗を喫してしまったのか?と思えるほどブラジルは今絶好調なのです。ですが、ラテンの気質はまだ変わらずみんな楽しく過ごしているようです。お金があっても無くても変わらずあのままでいて欲しいなと思います。アメリカ大会で優勝した時に、みんながセントロに出かけて一晩中踊り明かしました。みんな泣いて喜びを分かち合い、勝利の美酒に酔いしれていました。すごくいい思い出です。

Copyright (C)2017ブラジルにある歴史的街並みが広がる州.All rights reserved.